資産運用に悩んでいるのなら専門家に相談しよう

チャート

様々なメリットを利用する

婦人

安心感が重要なポイント

最近のfx業界は日本からメリットの多い海外へと場を広げており、海外fxを利用するトレーダーが増えています。海外fxのメリットはレバレッジの規制がないことや、ゼロカットによる追証の心配がないなど、リスクの少ない使い方ができるのですが、その中でもスプレッドの問題にも注目されています。スプレッドとは売値と買値の間にある差のことで、トレードによってできる差分が取引コストとして徴収されます。いわゆる手数料のことで、特に意識する必要はありませんが、頻繁にトレードを繰り返す場合は狭いスプレッドが有利となります。最も狭いスプレッドは0.3銭となっており、日本で特に多いタイプです。海外fxの場合はもう少し広めに設定されていることが多く、手数料がかかるので口座を利用するのに躊躇する人も少なくありません。しかし、海外fxの利点はスプレッドの狭さではなく、約定力の高さで注目を集めているのです。トレードを実行しても、注文した価格と約定価格に差が生じることがあります。これをスリッページと呼び、値動きが激しい時に起こりやすいトラブルです。いかにスプレッドが狭かろうが、スリッページが発生すると手数料以上に無駄が多くなるのですが、海外fxでは約定拒否やスリッページという概念がなく、注文した価格で取り引きができます。この安心感が海外fxの強みともなっていて、スリッページに悩むトレーダーの多くが海外fxへと移行しています。

Copyright © 2017 資産運用に悩んでいるのなら専門家に相談しよう All Rights Reserved.